小学校の時、校庭で自転車の運転講習があって、課題実地試験をバスすると、自転車免許証なるものをもらった。交通安全教育の一環であろう。
 自転車は、日本では通勤、通学、買物等日常頻繁に移動手段として使われている。最近は、高速自転車、イヤホン装着など現代社会の変化に伴い、自転車交通事故の態様も、詳細に整理されつつある。

 自動車と自転車の衝突ないし巻き込みは、圧倒的な物理力の差で自転車運転者において重篤な結果となる場合が多い。
 更に、自転車が歩行者と衝突し致死傷となり、自転車同士が出会い頭に衝突、交差点内で直進車と交差方向からの進行自転車との衝突、自転車との対向する正面衝突、併行自転車の接触、追い抜き時の接触など 衝突態様も多種多様となっている。

 事故発生場所も自動車道、歩車道区別のない道路、歩道、自転車専用道路とバりェイションもある。
 
 問題は、自転車交通事故の場合の責任論、過失相殺論、損害論である。

 自動車は、自動車とは違い強制保険がなく、いわゆる無保険になる可能性が多い。一般に普通傷害保険に自転車事故による賠償保険、交通事故傷害保険、そして、自転車事故にプロパーな「自転車責任保険」の 保険商品がある。 また、自動車保険自体あるいはクレジットカードに付保されている傷害保険もあり、これは今後速やかに点検して置く必要があろう。

民事

 小学校の時、校庭で自転車の運転講習があって、課題実地試験をバスすると、自転車免許証なるものをもらった。交通安全教育の一環であろう。  自転車は、日本で…

刑事

    被害回復給付金支給手続開始について 検察庁において、いわゆる、振り込め詐欺、オレオレ詐欺等、架空請求詐欺事件、ヤミ金融に係る被害者の方を対象として…

不法行為

私は、先日の台風で私の家の屋根瓦や店舗の看板が飛んで、ちょうど私の家の前の道路に停車していた自動車に衝突し、その自動車のフロント部分が大破したため、その…

税法

Q マンション経営で 相続の際 相続税を節税できると、聴きましたがそうですか A マンションであれば、相続税の計算の際、現金・預金と比較し1/3程度に資産評…

海事
リスクマネジメント
アーバンリバティス法律税務事務所のフェイスブック
顧問先専用コンテンツ
モバイルサイトのご案内