私は、先日の台風で私の家の屋根瓦や店舗の看板が飛んで、ちょうど私の家の前の道路に停車していた自動車に衝突し、その自動車のフロント部分が大破したため、その自動車の所有者にとっては多額の修理補修代が発生しました。
私は、自動車の所有者から修理補修代金を請求されてますが、支払う義務があるのでしょうか。私は屋根瓦や看板について昨年改修設置したばかりであり、特に施行上の難点はなく、むしろ今回の台風は予想もしない歴史的強風が吹いたのだという気象庁の発表がありました。

1.あなたは、自動車の修理補修代を支払う義務があります。これは、建物所有者として責任があります(民法第717条 土地の工作物の所有者の損害賠償責任)。
この所有者の責任は、無過失責任であります。現実的には、建物所有者が関与している損害保険によって第三者である自動車の所有者に発生した損害を賠償することになります。

2.仮に建物の屋根瓦及び看板設置工事をした工事請負人に工事上の瑕疵(難点ないし不手際)がある場合は、建物所有者としてあなた(注文者)は、やはり民法第717条により第三者に損害賠償をする責任はあります。
ただ、あなたは屋根瓦看板設置をした工事請負人に対して、あなたが第三者に支払った自動車の修理補修代相当額を工事請負人に対して、求償することはできます。

3.あなたが注文者として動産を請負人に仕事をさせた場合は、請負人が第三者への損害賠償をする義務がある規程(民法716条)がありますが、これと混同されないようご注意下さい。

民事

 小学校の時、校庭で自転車の運転講習があって、課題実地試験をバスすると、自転車免許証なるものをもらった。交通安全教育の一環であろう。  自転車は、日本で…

刑事

    被害回復給付金支給手続開始について 検察庁において、いわゆる、振り込め詐欺、オレオレ詐欺等、架空請求詐欺事件、ヤミ金融に係る被害者の方を対象として…

不法行為

私は、先日の台風で私の家の屋根瓦や店舗の看板が飛んで、ちょうど私の家の前の道路に停車していた自動車に衝突し、その自動車のフロント部分が大破したため、その…

税法

Q マンション経営で 相続の際 相続税を節税できると、聴きましたがそうですか A マンションであれば、相続税の計算の際、現金・預金と比較し1/3程度に資産評…

海事
リスクマネジメント
アーバンリバティス法律税務事務所のフェイスブック
顧問先専用コンテンツ
モバイルサイトのご案内