Q 無保険車(自賠責保険がつけてない自動車)による事故で重傷あるいは死亡した場合、加害者側から賠償を受けられそうもありません。何らかの保障を受けられますか。

A このような被害者は、加害者から賠償を受けられない場合、政府の保障事業に損害額を請求できます。支払限度額は自賠責保険(共済)と同じです。ただし、加害者からの請求はでぎず、政府が被害者に支払済みの金額については、政府は加害者に求償できます。損益相殺として健康保険、労災保険などの社会保険による現実の給付額は控除されます。

無保険(共済)車、以外にひき逃げされた場合、盗難車による事故の場合も同様です。  
政府の保障事業

民事

 小学校の時、校庭で自転車の運転講習があって、課題実地試験をバスすると、自転車免許証なるものをもらった。交通安全教育の一環であろう。  自転車は、日本で…

刑事

    被害回復給付金支給手続開始について 検察庁において、いわゆる、振り込め詐欺、オレオレ詐欺等、架空請求詐欺事件、ヤミ金融に係る被害者の方を対象として…

不法行為

私は、先日の台風で私の家の屋根瓦や店舗の看板が飛んで、ちょうど私の家の前の道路に停車していた自動車に衝突し、その自動車のフロント部分が大破したため、その…

税法

Q マンション経営で 相続の際 相続税を節税できると、聴きましたがそうですか A マンションであれば、相続税の計算の際、現金・預金と比較し1/3程度に資産評…

海事
リスクマネジメント
アーバンリバティス法律税務事務所のフェイスブック
顧問先専用コンテンツ
モバイルサイトのご案内