自分の所有する土地を売却しようとしていますが、権利証が紛失しております。どうしたらよいでしょうか。

権利証とは、登記申請(例えば所有権移転登記申請など)をした場合、登記が終わると、法務局より、登記申請の際に添付した登記原因証書(売買契約書など)や申請書副本に登記済の印判が打たれて、申請した当事者(例えば不動産の売買のときは買主)に戻ってきていたのですが、この返還された登記済印のある登記原因証書や申請書副本を権利証といっているわけです。

  不動産登記法が改正になり、法務局からは、権利証に代わり12桁の暗証番号の登記識別情報が交付されるようになりましたが、これは権利証と同じ働きをします。

  権利証を紛失したり登記識別情報を失念したからといって、例えば所有権移転登記を受けた不動産の買主の所有権が無くなるということはありません。
  ただ、先の例の不動産の買主が、買った不動産をさらに別の第三者に転売することになって、売主として新買主の所有権移転登記手続に応ずるため、自分が以前買主として所有権登記を受けたときに得た権利証を添付資料として提出しなければならなかったり、登記識別情報を提供しなければならなかったりするということはあるわけです。

  権利証を紛失したり、登記識別情報を失念した場合は、当該登記の申請代理人であるところの資格者代理人の司法書士に依頼して、申請者は本人に相違ない旨の本人確認情報を作成してもらい、法務局にこの本人確認情報を提供すれば解決します。ただし、この分の費用は掛かります。
  

民事

 小学校の時、校庭で自転車の運転講習があって、課題実地試験をバスすると、自転車免許証なるものをもらった。交通安全教育の一環であろう。  自転車は、日本で…

刑事

    被害回復給付金支給手続開始について 検察庁において、いわゆる、振り込め詐欺、オレオレ詐欺等、架空請求詐欺事件、ヤミ金融に係る被害者の方を対象として…

不法行為

私は、先日の台風で私の家の屋根瓦や店舗の看板が飛んで、ちょうど私の家の前の道路に停車していた自動車に衝突し、その自動車のフロント部分が大破したため、その…

税法

Q マンション経営で 相続の際 相続税を節税できると、聴きましたがそうですか A マンションであれば、相続税の計算の際、現金・預金と比較し1/3程度に資産評…

海事
リスクマネジメント
アーバンリバティス法律税務事務所のフェイスブック
顧問先専用コンテンツ
モバイルサイトのご案内